2014年11月04日

フランスの地方料理 アルザス編

こんにちはクロウデです。

【AFP=時事】日本のウイスキー「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013(The Yamazaki Single Malt Sherry Cask 2013)」が世界最高のウイスキーに初めて選出された。3日発売の英ウイスキーガイドブック「ワールド・ウイスキー・バイブル2015(Whisky Bible)」で発表された。スコッチウイスキーは、上位ランキングから外れた。

という記事を見つけました。

日本の技術が世界に認められるのは嬉しいものですね。僕はウィスキーよりもワイン派ですが・・・。
ワインといえばフランスですね。この地方のワインはとても飲みやすくて大好きです。

本日はアルザス地方のお話です。



フランス北東部に位置し、北でドイツ、南でスイスと国境を接し、東はライン川、西はヴォージュ山脈にはさまれた南北に長い地方。この山脈により西風がさえぎられるので比較的乾燥してて暖かいが、大陸性気候で平野部の冬は厳しい。

sonota33.jpg中心都市はストラスブール。


地理的にも歴史的にもドイツの影響を色濃く受け、シュークルート、シュペッツレ、プレッツェル、クーゲルホプフ(クグロフ)などドイツを思わせる料理や、お菓子がみられ、クレックやプレスコプフなど豚肉加工品の種類が多い。料理名の多くはドイツ語方言のアルザス語であり、ビールがよく飲まれるのが特徴である。



主要作物はトウモロコシぶどう、ホップ、シュークルート用キャベツなどである。産物の中で高く評価されているのは、家禽(若鳥、黒七面鳥、去勢鳥)、液状生クリーム、はちみつ、さらに国内随一の生産量を誇るクエッチ、珍しいものでは、白がらしからつくるフランス唯一のアルザスマスタード。


そのほかシュークルート、ガチョウのフォアグラのパテなどがある。


地球の歩き方 A06 フランス 2014-2015 【分冊】 5 アルザス、ロレーヌ、シャンパーニュ -
地球の歩き方 A06 フランス 2014-2015 【分冊】 5 アルザス、ロレーヌ、シャンパーニュ -
posted by クロウデ at 09:00 | Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。